FC2ブログ

銀の働き部屋

管理人銀河の、日記兼テキストサイトです。取り扱うジャンルは主にヤングガンガン連載のWORKING!!になると思います。最近は東方の霖之助小説を書くのにも夢中。どうかよろしくお願いします。リンクはフリーです。感想は常に受付中です!もらえたら泣いて喜びます

門番の心店主知らず  霖之助×美鈴



 リクエスト小説も書き上げていないのに申し訳ないですが、しばらく前にpixivに投稿していた東方小説をまだこちらに載せていなかったので掲載させていただこうと思います。

 一応の報告ですが、リクエスト小説の一つ目は書き始めています。一応どういう内容にするか、というのもおおまかには考えてあるのですが、いかんせん文章が浮かばずあまりはかどっていない。というのが正直な所です。
 目標としましては、11月上旬までに書き上げるつもりでいます。奏莉亞さん、もう少しお待ちください。


 さて。東方です。
 霖之助×美鈴で「門番の心店主知らず」です。神龍よ。オラにネーミングセンスをくれ。

 最近、霖之助カップリングの中でも美霖がかなり好き、という事に気づいたので書いてみた作品。昼寝してしまって寝れなかったので一晩で書き上げた意欲作。短めですけど。でも正直、これくらいの長さで毎回書きたい。と自分では思います。

 それでは、続きからでどうぞ。




 
続きを読む
スポンサーサイト



東方小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |

初めての温もり  東方  紫霖


 えー。今回も東方小説を更新しようと思います。

 WORKING!!を一応メインに置いているにも関わらずWORKING!!小説をさっぱり更新できなくて申し訳ない限りですが。

 (WORKING!!ネタが)浮かばないもんはしょうがない
 (東方ネタが)浮かんじゃったもんはしょうがない

 の魂で、ね?(同意の目

 まだ休みがありますので、その間にWORKING!!のも1つくらい書ければなあ。と思ってはいるのですが、肝心のネタが出てこないので、無理かもしれません(バッサリ
 でも、やるだけやってはみようと思います。いやね?書くだけならそりゃ2日3日あれば書けるのよ。全てはネタが出るかどうかなのよ・・・


 というわけで、紫霖小説を更新しようと思います。

 紫霖は初めてですね。何回も言っている通り、俺は東方に関する知識がかなり薄い方なので、やはり紫霖のイメージというものもかなり偏っています。
 その結果。今回書いた紫霖は、かなり紫様の少女臭がムンムンと漂っている結果になっています。少女臭の強い紫様は嫌だ!!という方は閲覧を避けた方がよろしいかと。

 紫様の少女臭がキツクとも、甘さ自体は殆どありません。微糖です。ビターです。微糖よりビターの方がカッコいい気がするけれど微糖とビターって発音的にかなり似ているよねっ(一息で

 そんなこんなで、紫×霖之助で、「初めての温もり」


 続きからでどうぞ!!



 あとがきの更に下にコメント返信があります!!!!




続きを読む
東方小説 | コメント:1 | トラックバック:0 |

歌姫と踊り子と観客と  東方  アリ霖



 pixivまとめラスト。

 pixivに設置したアンケートで最も票の多かったアリ霖を書きました。

 人形遣いなので、少しは人形を生かした作品を。というイメージで書いてみました。
 上海ばかりで蓬莱を出すのを完全に忘れていた、というのは内緒で。


 それでは、「歌姫と踊り子と観客と」。続きからでどうぞ。





続きを読む
東方小説 | コメント:1 | トラックバック:0 |

花畑と門番と  東方  美霖



 pixiv東方作品連続掲載2つ目。

 書きたかったので書いた美霖。これを書き終わったあたりで、俺は美霖が実は一番好きなのではないか。と思ってきました。いや、だからといってネタは出てこないのですが。

 美鈴は紅魔館の花畑の管理をしている。とのことで、その設定を使った作品を書こう。ということでこれを。
 美鈴は陽気で、どこか無邪気な人物であるイメージが強いので、なるべく全体的にそういった雰囲気を出せるように書いてみました。

 それでは、「花畑と門番と」。続きからでどうぞ。





続きを読む
東方小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『お得意様』の価値  東方 咲霖




 今までpixivには載せていたけれどブログには載せてなかった東方小説をまとめて3つ程更新しようと思います。

 というわけで、咲霖小説。咲夜さんは香霖堂の貴重なお得意様。ということをイメージしながら書いてみました。
 作中に出てくる商品は全て現実にあるので、良ければ皆様も使ってみてね。


 というわけで、「『お得意様』の価値」。甘さは控え目です。というか甘々な作品を書くことが今後一度でもあるのだろうか。


 続きからでどうぞ!




続きを読む
東方小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>