FC2ブログ

銀の働き部屋

管理人銀河の、日記兼テキストサイトです。取り扱うジャンルは主にヤングガンガン連載のWORKING!!になると思います。最近は東方の霖之助小説を書くのにも夢中。どうかよろしくお願いします。リンクはフリーです。感想は常に受付中です!もらえたら泣いて喜びます

最近何してる?と聞かれたら、「モンハン」以外答えるのが不可能なレベル


 それくらいモンハンばかりしている銀河です。どうも。

 実家にいられる期間もあと10日ほどですが、俺は毎日モンハンをして生きています。こんな毎日が大好きです(駄目人間

 だからといってモンハンばかりやっていると思われると心外です。他にやってることくらいあります。

 ジャングル大帝が面白すぎて、テレビで見て、録画したのを見て、更に録画したのを見てたり。

 今更父とエヴァンゲリオン序を2回見てみたり。破まだ見れてないうふふふふ死にたい(ぇ

 キセキを聞いてたらルーキーズ見たくなったので、コンビニで売っているワイド版を家にあるのをかき集めてみたり。

 ・・・・・・・・・俺、何やってるんだろうな(ぇ

 まあ、そんな自分の見直しはどうでもいいとしてモンハンの話でもしようか。

 ハンターランクは現在38。上位ハンターになれました! あと1上げれば緊急クエストが受けられますね。
 フレンドリストも6人ほど登録されて、一人ぼっちハンターではなくなりました!! まあ、別に登録無くても多人数プレイはできますが・・・。あるじゃない。モチベーションとかあるじゃない。

 さて。上位になったからといって、特別変化したことはあまりないです。2ndから2ndGのように、モンスターの攻撃方法がガラリと変わるわけでもない。まあ、まだ上位レウスとかとは戦えませんが。上位素材がゲットできてキャッホーイという程度ですね。レイアの紅玉出たよ紅玉。

 とか、俺が思っているわけがない。 
 上に書いたことは事実。事実だが・・・たった一つ、大きく・・・致命的に変わることがあります。プレイしている人ならば全員が分かることでしょう。そう。

 奴が来る。

 どこかグロテスクさを感じるその黒く巨大な体。
 初めて出会った時の絶望感といったら、ラージャンの比じゃない。みんな騒いだでしょう?ラージャンが怒ったのを見てあなたの友人達は言っていたでしょう?「マジ無理w マジ無理だってw」と。
 ハッキリ言おう。そんなの比にならない。比べちゃいけない。ラージャンなんか今なら20回は殺せると思う。

 イビルジョー

 奴こそこのゲームの恐怖の象徴。下級から上位になったばかりのハンターを奈落の底へと叩き落とす悪魔の化身。
 その攻撃力は、好奇心で挑戦したハンターの戦意をマイナスまで減らすには十分すぎる。
 クルぺッコのあの鳴き声がトラウマになった人もいるかもしれない。
 どのクエストをやってても震えが止まらない。いつ奴が来るか。いつ奴があの入り口から現れるか。そんな恐怖を毎回味わうハメになってしまう。それが、イビルジョー。
 奴は何でも食う。アプトノスはもちろん、クルぺッコですら、リオレイアですら、リオレウスですら、ラギアクルスでさえも、奴の前では餌にしかならない。

 イビルジョーは、そんなモンスターである。
 そんな俺が、昨日の体験談を載せたいと思う。

 長いので、続きからで(ぇぇ

 怖い話はやめて、俺が愛して止まないモンスターがいます。ジエン・モーラン。
 下位から上位に上がる際は必ずこのモンスターを相手にしなきゃいけない、ラオシャンロン的な超大型モンスター。それがジエンモーラン。
 このモンスターとの戦いが、好きでしょうがない。何故なら、このモンスターは下位のならば全然強くない。ただ、俺個人の感想としては、楽しすぎる!!
 ラオシャンロンのように、ひたすら腹の下で斬り続けるのではなく、無限に用意されている大砲、バリスタを使いまくっての総力戦。必要なのは質ではなく量。大人数で大砲を撃ちまくって撃退するのがジエンモーラン。作業ゲー。たまらなく作業ゲー。
 でも、なんかリアル。モンハンの世界!!って気がする。ありったけの弾薬を使いまくって撃退、討伐ができるって方がずっとリアルだと思う。
 だから大好きジエンモーラン。超大型モンスターは大好きです。

 モンハンのことしか話してないですがこの辺で。
 小説は、WORKING!!のはまだ書き始めていません。某所で投稿している小説は今日の午後に書きました。久々に書くとなんかすらすら書けます。
 というか、今回のヤンガン伊波と小鳥遊メインらしいからめっちゃ見たい。
 三角関係はいずれ書きます。絶対書きます。ただ、どろどろにはなりません。しません。



 続きからで、モンハン実話小話。タイトル、「お前は馬鹿か」(ぇ







続きを読む
スポンサーサイト



雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |