FC2ブログ

銀の働き部屋

管理人銀河の、日記兼テキストサイトです。取り扱うジャンルは主にヤングガンガン連載のWORKING!!になると思います。最近は東方の霖之助小説を書くのにも夢中。どうかよろしくお願いします。リンクはフリーです。感想は常に受付中です!もらえたら泣いて喜びます

WORKING!!ドラマCD3巻と6巻を買っちゃったんだZE☆


 タイトル通りでして。買ってみましたドラマCDとコミックス。更新時間がこんなに遅いのは小説書いてたけどなかなかいいネタが浮かばずにとりあえず更新しようかなとか軽い気持ちで書いてるからです(待

 以下、ドラマCDやコミックスのネタバレ有りなので注意です。とはいえ、発売日からだいぶ経ってますがね。

 まあ、6巻の範囲はヤンガン本誌で見てただろうしということで、ドラマCDから。
 いやあ、この声にも慣れたなあ・・・。種島の声はアニメになったりした時に変わったら本気で泣くかもしれない。もう3巻ともなるとこの声以外あり得ないなあと思えてきますね。耳しか話を理解するのに使わないからでしょうかね?
 もうドラマCDでも大分小鳥遊と伊波の絡みが多くなってきてニヤニヤしっ放しです。まあ、途中のとある1シーンではなんか猛烈に照れくさくなってリアル悶絶してましたが。これに映像ついたら俺死ぬかもしれない。
 佐藤さんの声もカッコよくて最高だと思うんですが、未だに杉田智和さんで声をあてたらどうなるんだろうと気になってしょうがないです。ただ、杉田さんの場合ギャグが強すぎるか・・・!?(酷い偏見だ
 小鳥遊はもう鈴村さんがいいです。あの絶妙なキモさを演出できるのは鈴村さんしかいません!!キモすぎてたまにリアルでイラッとしますが。ちなみに、俺のWORKING!!キャラ好きランキングのビリは一応伊波父と1巻でクレームつけてた小太りおばさんなんですが、ちっちゃいモードが発動すると小鳥遊がダントツでビリになります(ぇぇ
 だってさ、最低じゃないあの時の小鳥遊?一個も好きになれない。種島は酷く馬鹿にするし、やたら伊波に厳しかったり、なんかもうかわいそうなくらい現実見ないし。あの時ばかりはリアルに死ねと思う(待
 ドラマCD1巻を初めて聞いた時、一番違和感を感じなかったのは相馬です。そんな人多いと思う。違和感が強かった順に並べると、伊波>種島>八千代>佐藤=小鳥遊=音尾さん>杏子さん>相馬かなあ。というか、相馬のは博識というよりも超能力に近いですよね・・・。

 恐ろしいほど内容に深く触れていませんが・・・ああ、八千代はエロい(待
 コミックスは書き下ろしのクオリティが高いので一度見てても大満足ですね。カバー裏がいつになったら終わるかが気になってしょうがない。というか、終わる時はたぶん最終巻だと思う。
 桐生のウザさは異常。異論は認めない。
 あんなの友達にいたら引くだろうなあ。つうか、よく捕まらなかったなあ。ハイテンションで声かけるだけならば全然大丈夫だと思うんですが、後ろからガっとやって口まで抑えたらただの下衆痴漢ですよねー(無駄に厳しい
 そんなこんなあった後の小鳥遊の八つ当たり会話にイラッとしたのは言うまでもありません。
 つうかあまり深くは描かれていませんが、佐藤の障害がすごい勢いで増えててもう泣けそうですね。嬉し涙が(ぇ

 スパロボは遂にお気に入り登録してたヴァンの攻撃力をフル改造しました。強すぎて撃墜数が2位の倍になっちゃいましたが(待
 スキルパーツって便利だなあとだんだん思い始めてきました。ただ、正直使い所に悩んで特殊能力パーツの処理にすごい困ってる状況ですが。援護防御とか誰につけりゃいいんだ・・・。
 ファフナーチームが全員生存して全員並んでるのを見たらもうなんだか涙が出てきました。くずの生きているってすばらしいをすごい口ずさんじゃいました。気のせいかもしれませんが、携帯機のスパロボのパイロット能力のノビが据え置きのスパロボと比べたら半端じゃないような気がします。パーツつけないで250超えるって落ち着いて考えたらすごいですよね。
 途中で気づいた。あのルート分岐だと俺一生ゴーダンナーとかメインのルート行かない(ぇ

 小説はコミックスとかドラマCD見たり聞いたりしてる内に伊波が倍好きになってしまったので小鳥遊×伊波小説書いてます。佐藤×八千代が一個もネタが浮かばない。
 なんか短めになりそうなので以外と早く更新できるかもしれないけどたぶんできないんだろうから気長にお待ちください(ぇ

 では~。・・・大学の制度ってめんどうくさいよね・・・。





 
 
スポンサーサイト




雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<桜舞い散る・・・? 小鳥遊×伊波 | ホーム | ヘタリア流星群>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |