FC2ブログ

銀の働き部屋

管理人銀河の、日記兼テキストサイトです。取り扱うジャンルは主にヤングガンガン連載のWORKING!!になると思います。最近は東方の霖之助小説を書くのにも夢中。どうかよろしくお願いします。リンクはフリーです。感想は常に受付中です!もらえたら泣いて喜びます

お祈り≠懇願 ギャグ 佐藤オンリー

 小説を書いたので載せたいと思いますー。以前の更新で15日以降更新とか、小鳥遊伊波とか言ってましたが色々ぶっ飛ばして佐藤オンリーのギャグになってしまいました。短いです。というのも、今日更新できなければ本当に15日以降まで雑記すらかけなくなってしまうので。すいません。

 カップリング要素まず無し。タイトルは『お祈り≠懇願』です。ギャグです。

 ではどうぞー。











 足立に彼女ができたらしい。
 本人から聞いたのだから、まず間違いはないのだろう。見栄を張りたがるような性格でないことはよく知っている。それなりに長い付き合いだからな。
 だが、

 それを喜ぶつもりなんかこれっぽっちもねえ。




「マジで世界滅びねえかな」

 買出しを終えて家に帰る途中である俺は、新年早々物騒な事を言っていた。
 俺自身、何故ここまで自分がふてくされているのか分からなかった。

 知り合いに彼女ができたことなんて何回もあった。中学・高校もそうであったし、今までだってバンド仲間である吉田には彼女がいた。学生という時代を過ごせば、他人の恋愛に関する情報を聞くのはもはや必然たる出来事である。
 なのに、何故足立に彼女ができただけでここまで不機嫌なのだろうか。

 考えるが、自分は足立のことは嫌いではない。少し根性無しで判断力の無い性格ではあるが、吉田の馬鹿にしっかり付き合ってやったり、何よりもバンドメンバーの中では一番のしっかり者だ。あいつがいなければまとまる話もまとまらなくなってしまう。
 足立のことは信用しているし、普段遊んだりダベっていても楽しい。

 なのに何故だ。
 吉田に彼女ができたときも一時期このような感情に襲われたことがあるような気がする。つまりは、単なる嫉妬なのだろうか。

 ・・・まあ、実際そうなのだろう。というか、こんな長ったらしく心理説明などをする必要は無かった気もする。

 俺には彼女がいなくて、吉田と足立には彼女がいる。俺がその事実に嫉妬している。
 俺のイライラの原因はその一行だけで説明完了。これ以上の説明を求める人、続きはWEBで

「しっかし、足立に彼女なあ」

 足立が少し気になっている人がいるということは以前に聞いたことがある。だが、あいつの話を聞く限りは・・・仲がいいというよりは遊ばれているような感じだと俺は感じた。そういう関係に一度なるとそれ以上の発展はあまり望めない・・・ような気がするのだが。作者のアニメ・漫画知識的に。最終回辺りはどうなるか知らん。
 まあ、あいつはあいつなりに男を通したのかもしれないな。
 よし。ネガティブに考えないようにしよう。今度会った時は純粋にあいつの恋愛を応援してやろうじゃないか。見返りなど求めずに。

 ・・・・・・・・・・・・・

 ちょっと待て?

「吉田にも彼女がいる。足立にも彼女ができた・・・・」

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 独り者は、俺だけか?






 気付けば神社にいた。

 この年になると、もう初詣に友達に行くみたいな空気にもなかなかならないし、お祈りなどしていなかった。
 流石に正月などすっかり過ぎ去ってしまっているため、人はいない。あ、よく見たらカラスがいた。どうでもいい。せめて猫見せろ猫。鳩でもいいぞ。
 まあ、とにかく俺は神社の社の前に立ち、財布を取り出した。

 ・・・何円入れるか。

 ご縁がありますように、で五円を入れる奴が多いらしいが、本当にそんなダジャレで神様が縁を与えてくれるのだろうか? 普通に『面白くないから金くれ』と言うが俺なら。
 だからといって、多額の金を入れて叶えてもらえなかったらそれはそれで腹が立つ。どうすればいい。どうすれば満足なんだ神様。

「・・・・・・馬鹿馬鹿しい。何でこんなことで悩まなきゃいけねえんだ」

 そうだ。悩む必要なんか無い。これはあくまで神様に対して見守っていててくださいというお願い。神様の助力なんか期待する必要なんか無いのだから・・・
 俺はセオリー通りの五円玉を手に取る。ケチとかそんな理由じゃない。これは俺なりの・・・・

 その時、以前漫画で見た女の台詞を思い出す。


『ケチな男って一生モテないのよねえ』

















「持ってけやあああああああああああ!!!!」


 俺は手の動きを財布の小銭入れから札入れへとシフトチェンジしその中から千円札を取り出す。諭吉は無理。ちなみに先ほどのコンビニへの買出しに使った料金は1200円ほど。レトルトカレーとカップラーメンそしてご飯がご飯がススム君御用達のスピード中華麻婆豆腐それに使う木綿豆腐のセットとほぼ同額を賽銭箱に入れようとしている!!もうコンビニ袋を詰め込んでやってもモーマンタイな気もしてきた!

 手に持った野口英世を賽銭箱の中へと投入!! さらば野口、黄熱病の研究は俺が引き継いだ!! お前の髪型は引き継がん断じて!!

 その後、手はズボンの横のラインに合わせ、


 ニ礼!!


 ニ拍!!



「八千代とラブラブになれますように!!!」



 一礼!!


 踵を使ってその場で180度回転! ここへ来るまでの階段へと直進!!

 そして、階段を降りる前に足を止め、もう一度社を振り返り、叫んだ。


「本当にお願いします!!!!!」





 頑張れ佐藤。バレンチヌスはきっと君を見ている。多分。



 Good luck.









 あとがき

 佐藤はレトルトなんか作らなさそうですよねー。あとごはんがごはんがススム君のメーカーの麻婆豆腐今はあるのかな。ここ数年見てないですけれども。
 短いですが、こんな感じで。佐藤はきっと馬鹿な子だと思うんです。
 しかし佐藤に春はいつ来るんでしょうかねえ。
 全く関係ない話ですが、今度の京都アニメーションのアニメでWORKING!!とか来てもおかしくないと思うんですけどどうですかねえ。そしたらファン増えるんだろうな。腹立つファンとかも増えそうですけど。単純にがはこさんの生活が潤ってもらえればいいと思います。

スポンサーサイト



その他WORKING!!小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<シモン 目覚めの時  グレンラガン小説 11話再現 | ホーム | メリー。クリスマス 佐藤×八千代>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |